kosaji

JOURNALcontactINSTAGRAMTWITTER
Kosaji Journal
2018.11.28 Wednesday
event

Antonis Cardew x Manon Clouzeau x Kersti Laanmaa Exhibition

 

ブログの更新がすっかり滞ってしまい申し訳ありません。

 

この度、kosaji craft としてヨーロッパの3人のアルチザンの企画展を一年ぶりに催します。

 

1人目は、フランス・パリに暮らし、木の器やオブジェ、家具を製作するアントニス・カーデュー。

今年は、定番の木の器や林檎や洋梨の木のボウルに加えて、小家具も受注販売いたします。

アントニス本人も来日予定です。

 

【アントニス在廊予定日 12/7,8,9 】

 

2人目は、フランスのペリゴール地方の入り口、美しい小さな村で作陶をするマノン・クルゾー。

まだ若い彼女ですが、昨年はパリの装飾芸術美術館、今年は同じくパリの鉱物博物館にて展示をするなど、活動の場を広げています。

 

3人目は、エストニア人の陶芸家、ケルスティ・ラーンマ。

もう10年近く、取り扱いをさせてもらっているケルスティの小さな動物。ひとつひとつ手描きで描かれた表情は、ほっと和む愛らしさがあり、そばに置いておきたくなるのです。

 

今年で3回目となる、この3組の展示。

 

場所も引き続き、下北沢と吉祥寺の2カ所を巡回いたします。

 

展示期間中は、2名の料理家さんをお招きしての素敵なイベントも予定しておりますので、ぜひ皆さまのお越しをお待ちしております。